スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロウ=クラウ
スポンサー広告  

私的録音録画補償金制度
iPodなど「録音録画が主用途」の機器を補償金制度の対象に、文化庁が試案(飛びます)
まず私的録音録画補償金制度(してきろくおんろくがほしょうきんせいど)とは、本来、私的使用を目的とした個人、または家庭内での複製については著作権法でも認められてきたが、デジタル方式で録音、録画する場合に於いては、一定の割合で補償金を徴収し、著作権権利者への利益還元を図ろうとするもの。(Wikipediaから抜粋)

今回の会合ではipodやハードディスクレコーダーと言った、録音録画を主たる用途としている機器に適応するとの事で、パソコンなどの汎用的な機器・媒体は対象外だそうです。
そもそも補助金制度はMDCD-RCD-RWDVD-RWDVD-RDVD-RAM等のデジタルメディアを用いて録音、録画する場合には、利用者は一定の補償金を管理団体に支払うという事で、大体の場合は物を買う時点で既に上乗せして支払っているとの事ですが。
ipodやハードディスクレコーダーなどの機器が少し高くなるって言う感じですかねぇ、でも今すでに持ってる人はどのように徴収されるのかわかりませんが・・・

後 著作権の問題で著作権のお金を取るのは良いが何%のお金が権利者に渡されているのかが不明確で有ると言う問題が大きいですかねぇ
要するに著作権法って言うのを盾にして傍若無人(飛びます)の限りを尽くしているJASR○AC(カスラ○ック)のバカどもがちゃんと著作権権利者に渡してる額を提示していれば多少の問題解決にもなるんでしょうがね

まぁするわけが無いとは思いますがね。
・・・だいぶ話がそれた様な気はするが・・・
スポンサーサイト
クロウ=クラウ
ネット世論? 気になった事   0 0















 

http://onihei5056.blog37.fc2.com/tb.php/61-6ec83e05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。